主題の教訓



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちが描くために描かれる主題と、それを最終的にどのように表現するかは、人間の経験そのものと同じくらい多様です。これが絵をとてもエキサイティングにするものです。

主題の3つの広範なカテゴリは、静物画、ポートレート、風景です。私たちは皆、さまざまな主題との個人的な相互作用を通じて、さまざまな主題との個人的な関係を形成しており、この共有された人間の経験を通じて物語を語ることができます。これらの視点は、絵を描くときの私たちの態度と感情を形成します。構図の視覚的要素を配置および調整し、無数の絵画技法を利用することで、それを個性的にします。

よく訓練された画家になるには、これらの主題領域(静物画、ポートレート、風景)のそれぞれが教訓を提供し、モチベーションの欠如のために見落とされるべきではありません。静物に魅了されたり、肖像画に興味がなかったり、風景に情熱を感じたりすることはないかもしれませんが、それらを実践することで、より自信のある画家になるための技術的なスキルを磨くことができます。絵画は、正確な形状、光の影響の表現、色の敏感な配置の構成です。これらはすべての代表的な絵画に存在し、さらに言えばすべての抽象絵画に存在します。個々の主題はすべてそれらで構成されています。その点で、私たちが描くものはすべて同じです。けれども、それぞれの科目はより高度なレッスンを提供します。静物画は価値の重要性を教えています。比較的短い距離の範囲内で、光の影響とエッジの操作がフォームを作成します。肖像画は正確な描画を教えています。人間らしさは間違いを許しません。風景は色の調和を教えています。自然光と自然の色合い全体への影響は、すべての色の相互関係を理解するのに役立ちます。賢明なインストラクターは何年も前に私にこの考えを伝えました:「価値の関係を学ぶために、それは静物です。描くために、それは肖像画です。色に敏感になるのは風景です。それぞれに提供するものがあります。それらを頻繁に練習してから、あなたの情熱を描いてください!」


アーティストのためのその他のリソース

  • リチャードマッキンリーのDVD
  • ArtistsNetwork.TVでアートワークショップをオンデマンドで見る
  • ファインアーティスト向けオンラインセミナー
  • 本、パステルポインターのコピーを入手!


ビデオを見る: ありのままでLet it goアナと雪の女王から 杏のanytime andante 杏のAnytimeライブコーナーより (八月 2022).