お絵かき

水彩画鉛筆?はい、もう1つ教えてください。

水彩画鉛筆?はい、もう1つ教えてください。



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ほんの数秒間、私は水彩画の鉛筆がエイプリルフールのフラッシュバックいたずらのようなものだと思いました。つまり、水彩画について私が考えて知っていることはすべて、それが流動的で制御不能なものであることです。鉛筆では、水彩画に同じような緩みを持たせるにはどうすればよいでしょうか。しかし、私はこれの逆について考えました。水彩の鉛筆は、もはや水彩画がレールから消えることを意味しないかもしれません。

鉛筆を使うと、フォームをさらにガイドして、全体的な形を自分の好きな形にすることができるでしょう。まあ、私は少し正しいと少し間違っていました。水彩画の鉛筆を使用すると、もう少し細かく制御できますが、媒体の流動性はまだ残っています。

ここでは、ウェットインウェットの水彩鉛筆のテクニックを使用して、水彩画家のクリスティアンクラッチから素敵な牡丹の絵を作成するためのステップバイステップのチュートリアルがあります。

ステップ1 2:ホットプレスされた水彩紙に水色、ラベンダー、またはHBの鉛筆を使用して、牡丹の花の線画を準備します。牡丹の中央の明るい色の雄しべ部分をマスキング液で保存し、乾燥させます。

ステップ3 4:これらの水彩色鉛筆の乾いた層の上でストロークします。明るい値から始まり、暗い値で終わります。ライトマゼンタ、ピンクマダーレイク、ライトパープルピンク、モーブ。

湿ったサイズ6の丸いブラシを使用して、最も明るい領域から最も暗い領域に向かってストロークすることにより、これらのレイヤーを溶解します。一度に1つだけの花びらを濡らします。この図の一番上の花びらは濡れており、顔料はウォッシュに溶解されています。

ステップ5:ウェットのサイズ2のリガーブラシを紫またはピンクのカーマイン水彩鉛筆の芯に直接触れさせて、ブラシ全体を顔料で飽和させます。ティッシュでブラシの先端を軽くたたきます。

このブラシを濡れた花びらの領域に直接触れ、花びらの長さ全体を1回の連続ストロークでドラッグします。一方向にのみブラシをかけます。花びらが濡れるほど、色が広がり、流れます。花びらごとにこのプロセスを繰り返しますが、隣接する花びらが乾くまで待って、各花びらを区別してください。

ステップ6:花全体が乾燥したら、マスキング液をはがし、雄しべにカドミウムイエローとカドミウムオレンジのストロークを適用します。無色のブレンダーマーカーの細かい先端またはウェットサイズ2の丸いブラシで湿らせます。

必要に応じて、適切な色の伝統的な鉛筆または水彩鉛筆で色を強調します。おしべの上と花びらの縁に沿ってトスカーナの赤いベリチン鉛筆を使用して、これらの詳細を微調整します。

これは、水彩鉛筆で描く方法の可能性にあなたの心を開きましたか?それは確かに私でした!プロのアーティストと熟練した水彩インストラクターによる水彩画のヒントと水彩レッスンについては、 水彩画のテクニック:景観の明るい色のペイントマイケル・リアドン。アートを強力に保つために必要なすべてのインスピレーションと方法があります。楽しい!

より多くの水彩鉛筆の花

水彩鉛筆を使用してクリスティカッチから鮮やかな花を作成する方法について、段階を追ったデモンストレーションが必要ですか?彼女の指導ビデオをチェックしてください、水彩鉛筆テクニック: 花の描き方!

このビデオでは、クリスティが水彩鉛筆、ツール、簡単で素早いテクニックの完全な復習から始めるため、このメディアが提供するすべてを完全に楽しむことができます。その後、彼女が魅力的な青いアイリスを最初から最後まで塗っていきます。

下のプレビュートレーラーを見て、この水彩画ビデオワークショップが提供する内容を簡単に確認してください。簡単な背景を確立するためのペイントのヒント、素敵なブルームを作成するための色の混合のアイデア、ウェットペンシルとドライペンシルのアプリケーショントリックなどがあります。準備はいいですか? ArtistsNetwork.tvにアクセスして、今すぐフルレングスのビデオをストリーミングしてください。幸せな絵!


ビデオを見る: プロ直伝 鉛筆1本でかんたん建物の描き方. 楽しくお絵かき #家で一緒にやってみよう (八月 2022).