テクニックとヒント

ワンポイントパースペクティブのルールは常に正しい

ワンポイントパースペクティブのルールは常に正しい



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

頭を傾けたり、ウィンクしたり、まばたきしたり、目をこすったりできます—物事は変わりません

変わり続ける世界で一定のものがいくつかあるのは素晴らしいことです。線形遠近法のこの側面の背後にあるものを発見すると、風景から人体、静物まで、あらゆるものをペイント、描画、およびスケッチして、実際に見えるようにして、実際に配置したスペースを占有するようにすることができます。

ワンポイントの視点–定義

1点遠近法は、遠近法のすべての平行線が消失点と呼ばれる単一の点で交わる線形遠近法の特別な例です。よく使われる例として、平行した線路が遠くで出会うように見えるという錯覚がありますが、そうではないことはわかっていますが、それは目が距離を認識する方法です。アーティストはこの目のトリックを使用して、絵画に空間的な奥行きを作成できます。

すべてのパーツ

私たちは皆、地平線が何であるかをよく知っています。その一連の線路を描くと、平地と空が出会う場所がわかります。空と大地が交わる架空の線が地平線です。私たちが海にいた場合、地平線は空と海が出会う線になります。

1点の視点では、消失点は地平線上にあるため、地平線がどこにあるかを知ることが重要です。シーンに陸地または海が含まれている場合は、設定が完了しています。地平線を見つけるのは簡単です。あなたはそれをはっきりと見ることができます。ただし、丘などのオブジェクトが途中にあり、地平線が見えないため、消失点をどこに配置するかわからないとしますか?

用語の地平線を破棄し、目の高さを置き換えます。それらは同じものですが、常に地平線がどこにあるかはわかりませんが、目の高さがどこにあるかはわかります。それは、目を通る架空の水平面です。立ち上がると、目の高さが上がります。座ると目の高さが下がります。

頭を傾けたらどうなる?

目の高さを定義する場合は、頭を上、下、または横に傾けてもかまいません。瞬き、瞬き、目を閉じ、目をこすることができます。何をしても、目の高さは常に同じです。それはまだあなたの目を通る水平面であり、その平面は地面に平行です(結局のところ、これは水平面の意味です)。では、片方の目をもう一方よりも低くするために頭を片側に傾けた場合はどうなるでしょうか。違いを分けて、目の高さは、鼻の橋を横切る、目の中間にある水平面であると言います。

目の高さに保つ

目の高さは、絵や絵の途中で変更すると、作成しているスペースが完全に消えてしまうため、常に注意を払うことが重要です。あなたはそれを知るでしょう、そしてあなたの視聴者もそうするでしょう。信じられないほどの絵画や図面を作成するための戦略について詳しく知りたい場合は、 アーティストのための遠近法ガイド、ビデオリソース、eMag、およびアーティストが書いた主題のための本全体を含むキット。つまり、取得した情報は次のアートワークに関連し、ストレスなく簡単に成功への道を開くことになります。楽しい!

コートニー


ビデオを見る: 分でわかる決定力正しく選択するための4つのステップ後悔しない選び方教えます (八月 2022).